会員の皆様へ

肛門診療を行う医療環境が危機的状況にある中、日本臨床肛門病学会は設立されました。

本会は、肛門病学の臨床的・基礎的研究並びに肛門疾患の予防、治療の進歩、発展に寄与するとともに、これらを介して国民の健康と福祉の向上に貢献し、そして肛門領域に特化した単一の学会として独自の認定制度を立ち上げ、学会誌の発行、学術集会の開催等を行ってまいります。

そして肛門に特化した独自の認定医制度を立ち上げ実行していくことで、各々が高度の専門性を意識し、真の専門医を目指します。

また肛門に特化した学会として肛門診療の重要性について社会に向けて発信し、啓蒙活動を行い、社会に理解を得る活動を行い、かつ肛門病に悩む一般の方に情報提供を行ってまいります。

なお以上の学会としての活動は既存の日本大腸肛門病学会から分派するのではなく、共存する学会として行動します。

皆様の臨床肛門病学会への、ご支援、ご協力の程を、よろしく、お願いいたします。

2016年4月1日
日本臨床肛門病学会理事長 岩垂純一